私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Nuit d'etoiles--C.ドビュッシー

今年はC.ドビュッシー生誕150年のアニバーサリーyear。
普段から好きなドビュッシーだが、今年もたくさんドビュッシーの音楽にふれていきたい。


「星の夜」は、ドビュッシー16歳の時の作品。
歌詞は初期のドビュッシーがよく取り上げたテオドール•ドゥ•バンヴィルの詩による。
ざっくり訳してみましょう。。

 星の輝く夜
 あなたのヴェールのもと
 そよ風と香しさのもと、
 ため息をつく悲しきリュート
 私は葬られた恋を夢見る

 メランコリーが静かに
 私の心の奥底に花開き
 そして、わたしは聞く
 愛する人の魂が夢想の森のなかで震えているのを。。

 私は再び見る、私たちの泉に。。
 あなたの空のように青いまなざし
 この薔薇は、あなたの吐息
 そしてこの星たちはあなたの瞳

 星の輝く夜
 あなたのヴェールのもと
 そよ風と香しさのもと、
 ため息をつく悲しきリュート
 私は葬られた恋を夢見る


ドビュッシーの初期の声楽曲は
メロディーもハーモニーも素朴であり、
テンションもちょっとしたスパイスとして添えられている風で聴きやすく歌いやすい。
韻を踏んだ詩にぴったりの、かっちりした歌曲の世界に留まっている。

この曲も細く輝く銀色の糸で織り上げられたような繊細さと
ちょっとした生真面目さが初々しくて
メランコリックな心情を歌ってはいるが
その語り口は、清楚にして透明感にみちている。

なので、ピアノ伴奏部分など、とてもシンプルで弾きやすいのかと思うと
これが意外に難しいのよ。と何人かのピアニストの方が言っていた。
私も自分の歌の練習のために
この、まさにリュートをつまびくようなハーモニーを弾いてみるのだが、
普通の4声のハーモニーが拾いにくかった。
何100回も弾いたから少しは慣れたけど。。。

クラシック畑の方々はコードで音をとる習慣がないので、
和声の意図がつかみにくいのかもしれないけれど、
時々割り込んでくるテンションを含んだコードや
転調が意外だからとまどうのかもしれない。

しかし、さらりと聴いた感じでは、
すっきりとモダンな印象として耳に残り、ここちよいのである。

さっそく聴いてみましょう。
ディアナ•ダムラウのソプラノ。グザビエ•ドゥ•メストゥルのハープの伴奏で。




ハープの伴奏はまさにまたたく夜空の星のようで、ホントにこの曲にぴったり。
オリジナルより長2度低いキーでの演奏だが、
この曲は、ソプラノもこの低いキーで歌うことが多いように思う。
しっとりとして、オリジナルキーとは違った落ち着いた魅力がある。
ディアナ•ダムラウの演奏は、清楚というよりは
詩とメロディのメランコリックな部分を強調している感じで大変表情豊かだ。
音色、テンポ。。様々な面が色彩豊かな変化に富んでいて
3回繰り返すメロディーが飽きることなくあっという間に終わってしまう。

空気の澄み渡ったビロードのような天空のひろがり、瞬く天体の輝きを思わせるメロディーです。。
[PR]
by leventmurmure | 2012-01-14 00:05 | musique