私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ballet( 3 )

a0222263_21381526.jpg















この幻想的な詩はバレエの世界にもインスピレーションを与えた。
ディアギレフ率いる「バレエリュス」の創設の年1911年に
M.フォーキンが振り付けをしている。
音楽はC.ウェーバーの「舞踏への勧誘」(こちらもベルリオーズの編曲による)
この年は、ゴーティエの生誕100年のアニヴァーサリーイヤーだったので、
「薔薇の精」を題材とした新作が作られたのかもしれない。
モンテカルロでの初演のダンサーはもちろんニジンスキー。
この時のニジンスキーのジャンプの驚異的なこと、空中に止まっているようだったことに
観客が熱狂したというのは有名なエピソードだ。

バレエリュスというエキゾティックな新しいカンパニー。半世紀ほど前の幻想的な詩に題材を得てニジンスキーが踊る。
コレオグラフはフォーキン。
その当時に居合わせたらそれはわくわくする体験だと思う。
先日、熊川哲也さんがラジオ番組でこの「舞踏への勧誘」を取り上げ、
「薔薇の精」について語ったコメントがやはりそのようなものだった。
そんなエキサイティングなアートシーンに参加してみたかったと。
そして、
「音楽の命は長い。それに比べてダンサーの命は。。」
とも言っていた。
たしかに作品は後世まで残せるけれど、ライブでダンサーの踊りを体験できる年月の短さ。。

M.ルグリも数年前にエトワールを引退したが、こちらはパリオペラ座時代の「薔薇の精」




明るいウェーバーの音楽と華やかなジャンプ。
歌曲とはまったく違った軽やかな夢の世界が繰り広げられる。
こちらの薔薇の精は「化けて出る」というよりは、
昨夜の楽しいひとときを思いだし、分かち合おうと気楽に少女を訪ねてきて
またひらりと帰ってゆく、といった風情である。

この役は、ほとんど途切れることのないジャンプの力強さ、
また「薔薇の精」という人間ではない存在の持つ妖しさ
そのキャラクターが人間に関わろうとはたらきかけるときの官能性
などなど複雑な要素が相まって、いくらでも奔放にワイルドな色合いが増してゆく可能性もある。

しかし、ルグリは現代を代表するダンスールノーブルのひとり。
どんなに情熱的に踊っても「きちんと感」が失われません。
むしろその端正さゆえ,
溢れ出てくる情熱や官能性が際立つというチャーミングな薔薇の精でした。
[PR]
by leventmurmure | 2012-01-30 21:44 | ballet

バレエと音楽

a0222263_2141940.jpg


近所のバレエ団の「ストレッチクラス」というクラスに行ってきた。
大人になってから、何年かバレエの練習をしていたが、
ここ数年は少し体調を崩したため、全く身体を動かしていない。

最近では毎日ストレッチはしているが、スタジオに行くのは一体何年ぶり?
今日のレッスンスタジオはできたばかりだそうで、
広く天井の高いフロアにピアノの音が響くと心の中で思わずにっこり。
家でじっくり静かに身体を伸ばすのもよいけれど、
動きながら音楽をきくと、身体全体が音に反応して喜んでいる感じがいい。

たいていレッスンに使われる曲は、聴くだけの音楽とすればあまりにロマンチック過ぎて気恥ずかしいようなタイプのものが多い。
そもそもチャイコフスキーのバレエ音楽。バレエ無しに聴くとドラマチックすぎて照れくさいような。。
が、踊りと共に聴くと、ああ、やっぱりこれでなくちゃね!と聴くたびに思う。
バレエといったら、チャイコフスキー。チャイコフスキーといったらバレエだ。
もしチャイコフスキーがいなかったら、バレエの世界は今私たちが知っているのとは全然違うものになっていたでしょうね。

そんな訳で、ロマンチックすぎる曲を聴きながらストレッチをすると、メロディやリズムに導かれて、眠っていた細胞がふわふわのびのびと動き出すのがよ〜く分かる。
鏡の中の自分は、予想を超えて全然軽やかではないけど、まずは気分から。

今日は、オペラ「ノルマ」の中の素敵なアリア「Casta Diva」も弾いて下さったりして満足満足。。。

目黒通りではよく、すぐにダンサーと分かる方を見かけるが、
彼らの後ろ姿には、ただ立っているだけも動きがあるのが感じられる。
細胞ひとつひとつが留まらずに動き、エネルギーが流れている感じが伝わってくるのだ。
動き、流れているものは何となく楽しいものである。理由の要らない楽しさ、美しさだ。

そのエネルギーを駆使して、バレエは台詞なくしてさまざまなものを語り尽す。
そういう楽しさを、音楽にのせてストレッチしただけなのに味わうことができた。
素敵!今度はいつレッスンに行こうかな?

a0222263_2143653.jpg
[PR]
by leventmurmure | 2011-11-21 21:14 | ballet

ローズアダージオ

ローズアダージオ。
そのタイトルを聞いただけで、胸が少し高鳴る。

バレエ「眠れる森の美女」第一幕で、16歳を迎えたオーロラ姫が
誕生日を祝って、各国から訪れた4人の王子たちから、次々と薔薇を贈られて踊るシーンである。
まだ幼いながらも王女の気品と威厳をたたえたオーロラの踊りは
すみずみまで格調高く、
ファンタジーの王国の扉を開いて、見る人を誘う。


「眠れる森の美女」は、100%の夢の世界に身を委ねることの喜びに満ちている。
その世界に私たちを導くのは「ローズアダージオ」の中、
オーロラがふりまく薔薇の香りと輝きである。


a0222263_22243434.jpg


























おとぎの世界へのきっかけになるだけでなく、
薔薇は室内の雰囲気も変えてくれる。
花屋さんから薔薇を持ち帰り、水の中に放すと
とたんに、部屋の空気が明るく澄んだものになる。


私の学生時代からの友人関口絵里子さんは、滞りをクリアにして心身や環境を整える技術、「クリアリングメソッド」を提唱しているが、
クリアリングには、様々なエッセンシャルオイルを使用するそうだ。
その中でも、薔薇のエッセンスは特に高いエネルギーで私たちをクリアリングしてくれるとのこと。

彼女は11月と12月にクリアリングメソッドのワークショップを催す予定だが、
12月のワークショップでは、貴重なローズオイルを使っての実践になるそう。
どんなワークショップになるのでしょう?たのしみですね。



ちなみに、右は「トロワラス」という薔薇。
少しオリエンタルな強い香りが。。
左は満開だったので、花屋さんが下さったもの。名前は失念。。
こちらも、濃い香りでしたがまったく個性の違う香りを放っていました。
[PR]
by leventmurmure | 2011-10-22 22:35 | ballet