私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:anthroposophie( 2 )

a0222263_16411839.jpg



















所用で新百合ケ丘に。
ちょっとひと休みしたい気分だが、まったくなじみのない土地柄で、わたくしのデータベースに問い合わせても無回答。。

が、ふと「リリエンベルグ」というささやきが頭の中できらっと光る。
「リリエンベルグ」まさに「百合ケ丘」。
この辺りにあるお店のはず。。
早速検索して電話をかけて問い合せれば、車で現在地からたったの5分。

理想のティータイムを過ごすことができた。

ゆったりとした敷地に喫茶棟と販売棟、他にもお菓子を焼く工房、住居などもあるようだった。
販売棟の建築がひときわ目をひく。
粘土をこねてそのままオーヴンで焼いたみたいな、建物そのものもお菓子みたいな可愛いお店。
エヌが「シュタイナー建築みたい」と見上げて言う。
帰って調べたら果たしてドイツでシュタイナー哲学を学んだ方の設計だった。
ご覧のようにこれでもかというほど、直線を排している。
建物は直線が多い方がすっきりして落ち着くような気もするが、
シュタイナー哲学を背景としているのだから、もちろん癒しとか、生命力の活性化を促すことを意図しているのだろう。
実際こういう建物で生活してみれば、内面的によさを実感できるのかもしれない。
事実、賑わっている店内でしばらくきょろきょろしていると
こちらさえオープンな気持ちになれば、ほんのり温かい空気が巡っているのが分かる。
焼きたてのお菓子の甘い香りも相まって、なにやら気分が楽しくなってくる。





a0222263_16395251.jpg

























私はこれでもシュタイナー医学のケアを受けているのだ。
シュタイナー建築に関して調べてみよう。
しかし。
シュタイナー関係の文献など読むと毎度のことながら、翻訳文であることなどもその理由かもしれないが
なかなか難しくて文章からはすんなり理解が及んだ試しがない。
なので、ホメオパシーのレメディで「その真髄の断片」のようなものを実感することで、
端っこのほうからシュタイナーの世界を体験しているのが常なのだが、
とりあえず、建築に関して一番の大きな特徴は空間を外側から「区切って」ゆくのではなくその反対。
中にいる人間に応じて内側から「発生」してゆく。。というような感じ。と私は受け取った。



a0222263_16385932.jpg






























リリエンベルグの販売棟を設計した村山さんのHPを読むともっとよく分かる。
人が主観的に感じる「熱」に導かれて粘土の(ホントに粘土で模型作るんですね)模型を作る。とある。
これは人の「気」ことを指しているのだと思う。
気功や整体、太極拳などで自分の「気」を感じることが出来るが、
肉体の外側に広がる「気」のボディまでをその人のテリトリーとすると、
おのずと住む人にぴったりの空間ができる。ということだと思う。
空間に自分を合わせるのでなく、自分のホントのボディに合わせた空間なのだから
それはもう本当に窮屈でない、自由とリラックスのおウチとなること間違いないだろう。
なんだかすごくいいですね。
この販売棟も天井を見上げていると、まるで気のフォルムそのもの、生き物のような気もしてきた。。

おウチとなると、エネルギーを物質に置き換えて行く作業ともいえるので工程が多くなるが、
もっとシンプルに、普段の生活も自分のホントの全体のボディが窮屈にならぬよう
のびのびできるよう気を配るのが大事なのかもしれない。
見えないボディは私たちの一番大きな大切なボディだ。


a0222263_16375920.jpg

























さて、喫茶棟の方はふつうに直線が組み合わされた民家で、中庭をL字に望むアットホームなティールームだ。
昭和のモダンなお家の居間のようで、わたくし的には直球ストライク。
お菓子も穏やかな優しい味わい。
こちらも帰って調べたら、なんとオーナーパティシエさんは
ウィーンの「デメル」で初めての外国人スタッフとして働いた経歴の持ち主。
あ〜ん、ザッハトルテを選べばよかった〜!!



a0222263_16383535.jpg



雪の翌日の訪問で、あまりの気温の低さに雪がシャーベットにならず、そこここで氷になって輝いていた。
空気が綺麗で、丹沢??の山々がホントに間近に銀色に迫っていて
山小屋風のお店から眺める景色が
まるで、インスブルックみたい!!
と思わずつぶやいてしまった。
インスブルックに行ったことはないですが。。


a0222263_16393562.jpg
















向こうの方に山並みが見えました。
[PR]
by leventmurmure | 2012-02-04 16:51 | anthroposophie

クレッセントムーン

夕方、空気が澄んで冷たくなってきた。
a0222263_19123125.jpg


信号待ちで、ふと空を見上げると細い細い三日月が!
舌の上で溶けて、もうすぐ消えてゆきそうなキャンディみたいな透けた月だった。
急いで車をガレージにしまって屋上に上がると、
みるみる空の色、月の色が美しいグラデーションを描いて変化していく。


新月の日は新しいことを始めるのに向いているそうだ。
身体を調えるのに、私はホメオパシーのレメディをとることがよくある。
新月の翌日だったが、昨日はドクターがそんな日にぴったりのレメディを下さった。


「自分と向き合う助けになるレメディ」とのこと。
私はいつも、ドクターの薦めて下さるレメディは成分を聞かずに舐めてしまう。
見かけはどれも同じ小さな金平糖のような砂糖玉だから、何を舐めているのかは分からない。
私には、ホメオパシーによるケアを受けている仲間がいるのだが、
やはり、成分は確かめずに取るという人も何人かいる。
あまり、頭を使ってあれこれ考えないためだ。


しかし昨日は「自分の中から何が出てくるかわからないけれどね?」
とおっしゃるので、不安にならぬよう珍しく成分を尋ねたところ、
「水晶」とのこと。
なんとなく神秘的。。
水晶を限りなく希釈して撹拌した水晶のエッセンス。

新月から2日経ってうっすらと月が育った。
水晶のバイブレーションは響き続けているはず。
素敵な自分がでてきますように!
[PR]
by leventmurmure | 2011-10-29 22:47 | anthroposophie