私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新しく祐天寺駅そばにできたジェラテリアへ。
「Gelateria acquolina」


a0222263_23114249.jpg



ガラスのショウケースの中ステンレスの容器にジェラートが入っているのだが、その容器はしっかり蓋が閉められていて中が見えません。
乾燥や劣化を防ぐためかもしれない。
なので、お店の女の子にしつこく説明を求める。
アプリコットのグリーンペッパーフレーバーだの、チョコレートのラヴェンダーフレーバーだの
カルダモンだのくるみだの、気になるものだらけ。
おまけに中が見えないものだから(頼めば見せてくれたかも。。)もう思い切り迷ってしまった。

そして、選んだのはオリーブオイルのジェラートと、ミルク系がかぶらないようにブラッドオレンジのジェラート。
味が分からなくなるから、2種類までにしておこうっと。



a0222263_23112052.jpg




私は普段ジェラートはあんまり食べないのだけれど、これは美味しい〜。
超超なめらか〜な口溶け。
オリーブオイルのジェラートは初めての体験だが、
すご〜くなめらかにミルクに混ざり合っている。
ただめちゃくちゃよく混ぜた、という混ざり方でなく、
きっちり分子が手を繋いでいる?という感じで
最初からこういう物質なんじゃないかというくらい一体化している。
何か配合の妙とか温度管理とか?氷菓ならではの化学のようなものがあるのでしょうね?

このお店を教えて下さった「ケーキ日記」さんに同じくお気に入り決定。

お店のデコレーションもとても可愛くて私好み。
照明の陰影の美しい、ほの暗いかんじは夏の暑い午後なんかに訪れたら涼しげでなおよいかもしれない。
次回は自転車に乗って来てみよう。。


a0222263_2310585.jpg

[PR]
by leventmurmure | 2012-06-23 23:26 | eat

lab.LABAR@代官山

a0222263_1463023.jpg






















先日来工事中だったヒルサイドテラスの一角に新しいコーヒー屋さんを発見。

「lab.LABAR」は、その名の通りラボラトリーのごとく色んな焙煎、色んなブレンド、抽出方法でコーヒーを楽しませてくれるコーヒー屋さんなのだそう。

今日私がオーダーしたのは、ブレンドエスプレッソのマキアート。
とても風味豊かでこくのあるブレンドで、私好みのさわやかな酸味はケニヤのコーヒー豆が入っているからなのだとか。。
いまこうして書いていても、複雑な香りの一部がよみがえるほど。

シングルオリジンのエスプレッソもあり、また、ブレンドも日によって色々なものが登場するそうだ。

頂いたクッキーのラベルに米子の住所があったので尋ねると、
こちらは鳥取のコーヒー屋さんが東京に進出してきたお店なんだそう。
(焼き菓子もホームメイド)
併設の家具屋さん(北欧の家具やテーブルウェアがたくさん。。)と一緒にやってきたとのこと。


a0222263_1465293.jpg


私は家具のことは詳しくないのだが、ヴィンテージの北欧の椅子はゆ〜ったりとした座り心地。
そして、綺麗に磨き上げられた大きなガラス窓越しに通りを眺めるのに最高のロケーション。
この場所に長らくあった雑貨やさんでは、たしかここはデッドスペースに近かったような気がするのだが。。


ああ〜っと伸びをして、思い切りくつろいでしまった私だが、
こうして外から見るとお店の中もよ〜く見えるなあ。。
なんだか金魚鉢のなかを眺めているみたい。

a0222263_1471419.jpg

[PR]
by leventmurmure | 2012-06-16 02:05 | eat
友人Mちゃんと横浜をプロムナード。
みなとみらい地区に詳しいMちゃんリサーチによるお店にてチャイニーズのお夕飯後に。。

昨日は3分の1の部分月食があった。
しかし蝕のあった夕刻の時間帯、横浜は小雨が舞っていたし、
しかも私たちはお料理をたいらげ、おしゃべりをするのに夢中で
月蝕のことは念頭になかった。


a0222263_222179.jpg




そうして外に出てみると、雨は止んで、かかる月が湿度を帯びて大きく輝いていた。
横浜駅からみなとみらい地区かけては新しく開発中とのことで、素敵な遊歩道が整っている。
並木の新緑に見下ろされて歩くこのプロムナードには、背の高い街灯がない。
足もとを最小限に照らす照明があるだけで、とても落ち着いた雰囲気。
歩道の敷石に埋め込まれたごくほの暗いライトが蛍みたいにゆっくりと明滅している。
視界も大きく開けて、ゆ〜ったりとプラネタリウムの上を歩いているような。。




a0222263_2224068.jpg




たどり着いたクイーンズスクエア。
モニュメント越しに満月を望む。
なんだかスペーシーなお散歩をしてきたような気分になった。



a0222263_2225995.jpg

[PR]
by leventmurmure | 2012-06-06 22:08 | dairy
パン・オ・ショコラ。
おやつベスト10にエントリー間違いなし。


いつか旅行先で興奮のためか寝付かれず朝を迎え、夜明けに開いたばかりのパン屋さんに行ったことがある。
お目当てはパン・オ・ショコラ
オーブンから出てきたばかりのそれは幾重もの層の間に空気を含んでひらひらっと飛び立ちそうに膨らんで
なんとかそこに留まっているという風情だった。

通りに立ったままかじりつくと、
さくさくっとバターの香り高く崩れおちて、チョコレートはまだ熱々。。
白んできたばかりの異国の街の空気はひんやりと冷たく、
まだ、静かな街にときおり耳慣れぬ言葉や靴音が響く。
そして、見知らぬ人々のおそらく日常的な一日が始まろうとしているその、時を刻むような気配。。
私は今まで味わったことのないその瞬間のすべてにすっかり心を奪われてしまった。

それからも何度となくパン・オ・ショコラを食べてきた訳だけれど、
ああいう体験は二度とは出来ない。
大げさかもしれないけれど
それはまだ見ぬ世界に最初の一歩を踏み入れたときだけに味わえる
とくべつな瞬間だったのだ。
その時そこでは、何の先入観も価値観もなくただ純粋に私の「印象」のみによって世界が成り立っている。。
驚きと喜びのみで満たされた世界を感じるのみ、味わうのみの瞬間だ。。


a0222263_133235.jpg




さて、最近ちょっと行き過ぎ!のヒルサイドパントリーにて。

発酵バターで作っているそうですよ。
クロワッサン生地はふわふわはらはらっと崩れてきえてしまい
チョコレートはねっとりとろりと余韻が広がって対照的な食感。
ああこれこれ、この感じ。
と一人うなずいてしまいそう。

私の中には既にパン・オ・ショコラかくあるべし。という価値観があるのだと思う。
それを再現してくれているのか?
ささやかな私のイメージの外にあるパン・オ・ショコラなのか?
無意識の内にそういう味わい方をしてしまうのは味気ない気もするが、まあ仕方ない。
少なくともパン・オ・ショコラに対する好奇心はいつもまっさらだと思う。
[PR]
by leventmurmure | 2012-06-01 13:06 | dairy