私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:エクレア ( 2 ) タグの人気記事

ご近所探訪。。その3。。a0222263_23385237.jpg



















リュー•ド•パッシーが駒沢通りから学芸大学駅南側に移転したと聞きつけて、(こちらも「ケーキ日記」さんを読んで。。)
前よりウチに近いかな?とそれらしき方角へ進むと、たどり着いたもののそこはなんと!
長年通いつめたお蕎麦やさん「夢呆」のあったその場所だった。


閉店して、フランス料理店に変わってしまったのは知っていたけれど、
それも割と短い期間だったようだ。

お蕎麦や「夢呆」には我が家の台所といっていいくらいよく通った。
お店のいなせな感じのお兄さんのお顔もありありと思い出せる。


私はここ3年ほどほとんど外を出歩けないくらい体調を崩していたのだけれど、
どうしても「鴨南蛮」が食べたくなって2年ほどまえ、
寒〜い冬の夜、意を決してここまで来てのれんをくぐったのが、最後だった。


すっかり、雰囲気が変わった(当たり前か)テラスで
こうしてのんびりとお茶とお菓子を楽しむことができるほどに元気が回復したとは。。
と一人勝手に感慨深い気持ちになってしまう。

a0222263_22544651.jpg


















さて、ご近所というのにリュー•ド•パッシーのお菓子を頂くのは実は初めて。


先日、エクレアの記事を書いてから、エクレアにオートフォーカスしてしまう癖がついていて、
今日もエクレール•オ•キャラメルをチョイス。
「3分でお作りします!」とおそらくはお店のご主人とおぼしき方が、出来立てを出して下さる。

相方はミルフィーユを。
(男子というのは年齢に関わらず、ミルフィーユ、モンブラン、などのベーシックなお菓子を好む傾向にある気がする。)

う〜ん、エクレールといい、ミルフィーユといい、フォトジェニックじゃないんだよな。
と思いつつ、ささっと、お約束の撮影を。。
ただでも、フォトジェニックじゃないのに、
ここのお菓子、特にこういったベーシックものが何となく地味(こそこそ声)。。
アピールしない、というか、楚々としているというか、
はい、エクレアです、、よければどうぞ、、、
とでもいう感じだろうか?

で、さほど期待感が高まるのを待つまでもなくぱくっと頂いてビックリ!
このエクレールのキャラメル味なんて美味しいんでしょうう〜。
こくといい、塩味の加減といい、いうことなし!
(あとで聞けばこちらのエクレアは名物商品だそうですね、失礼しました)

そして、ミルフィーユも!
パイ生地とクレームパティシエールのみ、のシンプルさだが
お味はとても格調高いのだ。
クリームは少なめでパイそのもの、バターと小麦粉のハーモニーを楽しむためのお菓子。

アピールしない見た目とのギャップも演出なのかしら?と思えてくる。

a0222263_23394791.jpg
















惜しむらくは、テラスが歩道のない通りぎりぎりに張り出しているので、外を歩く方と目が合うことも。。

相方エヌは、
通りをゆく、思い切りストイックな感じのジョガーと至近距離で目が合ってしまい、
思わず、はぐはぐとミルフィーユをむさぼる手を止めていた。。




a0222263_2340753.jpg





キャラメルのあまりの美味しさに、
明日、何年かぶりに会う予定の友人におみやげも手に入れた。
以前この近所に住んでいて遠くに越してしまったのだが、
このお店のお菓子を確か、美味しいのよと言っていたはず。
気にいってくれるかな?
[PR]
by leventmurmure | 2011-09-30 23:56 | dairy

エクレア リターンズ

a0222263_22191832.jpg

私はエクレアが好き。

いつも変わらぬ定番おやつのひとつだ。
しかし、今ではどこのパティスリーでも普通に見かけるようになったこのエクレア、
食べたくなってもあまりお目にかかれない時期があった。

同じくシュー生地にクレームパティシエールをつめただけのシンプル菓子仲間、
シュークリームが不動の定番の地位を獲得していたほどには、
エクレアの地盤は強固なものではなかったのだ。

自由が丘の某有名店でエクレアありますか?と尋ねて、
「そーゆーものはございません」
と、売り娘さんに言われたことだってある。
いじわるでなく、ホントにエクレア 知らなかったんでしょう。。
ちょっとひがみっぽいかしらん、自分もエクレアと共に時代遅れの烙印を押された気分になって、憤慨した。
一言いってやりたい。 というやつですね。。



しかし、一言も言わずじっと(?)待っていると、
なんとなくじわりじわり、という感じで
「ケーキ屋さん」は「パティスリー」に名前を変え、
伝統的なお菓子や地方菓子が注目されるようになり
エクレアは、マカロンなんかに取り紛れて、、
という感じで、ぽつぽつとショーケースのなかに還ってきた。

しかも、
エクレールショコラやエクレールカフェだけはない、
ココナツ、マンゴー、、見た目ちょっとどうかと思うが、エクレール抹茶
というニューウェーヴまで登場。。。
(こちらの流れは、フォションが老舗のイメージを一新するため、投入したカラフルエクレアに端を発するそーです。。)

また、粉にこだわるフランス系のブーランジュリーが増えたこともあり、
基本のエクレールショコラ、エクレールカフェも「ケーキ屋さん」時代のものとは
ほとんど別物に変貌した。。


ちょっと前には「そーゆーもの」だったのに、
一度はずみがついたら、豹変する速度はすごいものだ。
数年前から、世間のエクレア事情は一変しよりどりみどりである。



a0222263_2221817.jpg














こちらは「ヴィロン」のエクレールカフェ、しっかり焼き込んだブーランジュリーの味。
フランスからはるばる輸入されるヴィロン社の小麦粉(ご存知、レトロドールではなく、ヴィエノワズリの類いはコルドアメリケンヌという粉を使っているそう)によるシュー生地がかりりと香ばしく、フォンダンもつやっつや。。
クレームパティシエールも驚きのなめらかさでした。

素朴なエクレールの場合、クレームパティシエールが重いと小麦粉感が増して、
小麦粉の中に小麦粉が詰まってる〜
ちょっと、これって焼きそばパンと同じ構成じゃな〜い?
ということになりますが、
こればかりはかじってみないと分からない賭けです。。


a0222263_2222440.jpg






こちらは、横浜の都筑区にある「レジオン」のエクレールキャラメル。
こぶりで、あっという間にお腹におさまってしまいましたが、
キャラメル風味のクリームが、甘みと苦みのメリハリがくっきりとした味わいで
思わずにっこり。



どちらも、「ケーキ屋さん」時代には味わえなかったものです。
エクレアはシュー生地、フォンダン、クレームパティシエールのキャラクターとバランスによって
見た目も味わいもまさに千差万別。。

ささっ、いつまでもいじけてないで、あれこれとつまんでみましょっ!
[PR]
by leventmurmure | 2011-09-26 22:35 | eat