私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:フォーレ ( 1 ) タグの人気記事

Chanson d'amour -- G.フォーレ

新年あけましておめでとうございます。
今年は素晴しい一年となりますように!
今年もよろしくお付き合い下さい。

年始は音楽のお話でスタートです。




シャンソンダムール。
ガルリエル•フォーレによる愛の歌。

メロディもハーモニーもシンプルで素朴で愛らしいメロディー。
途中転調するところが軽くぴりっとしたアクセントになっている。

歌詞はアルマン•シルヴェストルによるもので、恋人に愛を語るまさにシャンソンダムールである。

 君の瞳が好き。
 君のおでこが好き。
 僕の反逆者、冷たい人。
 
 君の瞳が好き。
 君の唇が好き。
 僕のすべてのキスがしるされる唇。
 
 君の声が好き。
 君の語ることすべての優雅さが好き。
 ああ、僕の反逆者
 可愛い天使。
 僕の地獄そして僕の天国! 

 君を彩るすべてが好き
 つま先から髪の毛まで
 ああ、僕の希望のすべては君へと向かう
 反逆者にして冷酷なひと。

 君の瞳が好き。
 君の唇が好き。
 僕のすべてのキスがしるされるところ。




可憐にしてレッジェーロなバーバラ•ボニーの演奏。。

歌詞の方はメロディーの愛らしさを裏切るように、なかなか情熱的だ。
恋人を見つめて讃えるその視線は繰り返しの多さのせいもあって、けっこう執拗な感じだし、
「僕の地獄そして天国」というくだりなど、
フランス映画を彷彿とさせるような恋愛の情景が思い浮かぶ。
激しく愛し合いながらも激しくけんかを繰り広げたりしそうな。。

シンプルな曲なのだが、
純情可憐にも大人っぽくも自由に世界を広げられる。
語るような歌うような歌詞が、奥行きを生むフランスっぽい一曲だ。
[PR]
by leventmurmure | 2012-01-04 00:02 | musique