私、岩崎 梓の大好きな美しいもの、心ときめく音楽。美味しかったもの。 etc...写真を撮りながら気ままにご紹介。よろしくね。


by 岩崎 梓
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:神楽坂 ( 2 ) タグの人気記事

今日の神楽坂

所用で神楽坂へ。
今日の神楽坂は週末のせいか、何となくお祭りっぽい雰囲気。
お祭りはやっていませんでしたが。
商店街のスピーカーからはアコーディオン演奏のシャンソンが流れてました。
フランスっぽい雰囲気の演出みたいですが、これは要らないかも。
フランスだよ、フランスだよ〜と念を押されているようで。。
ぶらぶら歩いているだけで、何とな〜く和洋が混然としたような気配が漂っているのが自然に感じられます。




a0222263_1255114.jpg











こちらは、和菓子の梅花亭
店内はライブ感あふれ、お菓子が出来立てなのがよくわかる。
見ているとわくわくします。というか、お菓子自身が??生き生きとしている。
栗蒸し羊羹は蒸し上がったばかり、練り切りもエッジくっきり。
しっとりした口触りが思い浮かぶよう。
杏のお菓子には「今日が最終日」の表示がつけられ、次々とお客さんが買い求めていました。
ガラス越しにお仕事中の職人さんたちの姿も見えます。
思わず目が釘付けに。。

a0222263_1273119.jpg



梅花亭のきみしぐれと浮き雲。
浮き雲はメレンゲでお店で炊いた小倉あんをはさんであります。





立ち寄ったお店の方がこの辺の外国人はフランス人ばかりよ、
と言っていたように、外国の方とすれ違うと聞こえてくるのは主にフランス語でした。


a0222263_127683.jpg




















ル ブルターニュ Le bretagneは神楽坂を一本入ったところにあるクレプリー。
ぱりっと香ばしいガレット。。
ご主人なのか、フランス人のムッシューが切り盛りしています。
そばのビールやもみの木のはちみつ、など気になるメニューも。

店内はあらゆる年代の女子でいっぱいですが、
偶然なのか、あちこちから
「キャラメルブールサレって何かしら?」
「ブールサレって?」
と注文を迷う声が。。a0222263_1264065.jpg

ああ、気になる。。
それは塩バター味のキャラメルのことよ〜。
と言いたいけれど、おばさんぽいからがまん。。





他にも気になるお店を横目に見つつ、坂をおります。
日が傾くとひんやりと秋の風。

今日も楽しかった、神楽坂。。


a0222263_1292166.jpg
[PR]
by leventmurmure | 2011-10-10 12:53 | dairy

神楽坂で。 -La Champagne

所用で神楽坂へ。。
一本裏道の軽子坂を上がると行き止まり。
道なりに小道に入りました。
a0222263_203872.jpg




























神楽坂は誘惑が多すぎます。
あっちにふらふら、こっちにふらふら。
なかなか進みません。
ランチはどこでとろうかしら?
行きもあちらこちら気になるお店がありましたが、
帰りも、和菓子屋さん、パン屋さん、ショコラティエ、器屋さんにギャラリーと
なかなか進みません。


ふと、いい香りに誘われて入った小さなお店はどうやらシャンパンバー。
コルクを連ねたかわいいデコレーションの奥から香るのは
やっぱり!
ビスクでした。
ランチセットはたっぷりの温野菜と、メゾンカイザーのパンを添えて。
a0222263_20385479.jpg


食後に、バジルとパイナップルのソルベを差し出して下さったマダムが
とても素敵な方でした。

フレンチの料理人である、マダムのご主人は、
シャンパンとラングドック ルーションのワインの輸入も手がけていらっしゃり、
シャンパンバーの数軒先には、ワイン中心のバーも2軒あるのだそう。
(もちろん購入もできるそうです)

ラングドックのワインは今でこそ、
某チェーン店がデイリーワイン中心に取り扱ったのもあって
よく知られるようになりましたが、
イデアルさんではそれより前から直輸入しているそうです。

おいしかったビスクもご主人にお料理を習ったマダムの手になるものです!

私はシャンパンは頂きませんでしたが、
他のお客さんのグラスの触れ合う音が何とも心地よかったです。
a0222263_20395644.jpg

             お店の名前はLa Champange

マダムとのおしゃべりをたっぷり楽しんで、外に出ると夏の空。。
伺ったワイン買い付け旅行のお話に南仏を思い浮かべながら、歩きます。

ああ、まだ神楽坂上。。。
いつになったら降りられることやら。。
a0222263_2040351.jpg

[PR]
by leventmurmure | 2011-09-04 19:40 | eat